カテゴリ:映画( 6 )

ツリーオブライフ

f0060531_2285923.jpg

楽しみにしていた「ツリーオブライフ」
さっそく 今日 行ってきた。

席は、いつも一番後ろの真ん中と決まっている。

お盆が始まったからなのか それとも 私と同じ気持ちで 待ちに待っていた人たちが多かったからでしょうか?端っこに なりました。

おススメです。 是非 お出かけください。

まず映像の美しさ スクリーンに映し出される大自然・・・・・
スケールが違います。うっとりです。

厳格な父に反発する息子は、どこの家庭でも見られますね。
私の兄達もあったし 我が家でもありました。
それを乗り越えて大きな木になるのでしょうか?

f0060531_2281292.jpg
f0060531_2284052.jpg

[PR]
by aturano | 2011-08-12 22:09 | 映画

大鹿村騒動記

友人に頼まれ 随分前に購入した映画「大鹿村騒動記」
終わってしまいそうなので 慌てて行ってきた。

大鹿村は、青いケシしか知らなかったが、300年続いてる大鹿歌舞伎を題材にした映画。

先日 亡くなった原田芳雄さんのこともあって 映画館は、満員だった。
映画の出演者も観客も年配者ばかり(笑)

日本の美しい原風景の中で ほのぼのとした人間関係には、何度もクスッと笑ってしまう 。

原田芳雄は、さすが 上手いし 魅力的な男性でした。
白塗りの大楠道代の色っぽさは 女の私も しびれた。 

久しぶりの名駅だった。
普段 田舎にいるせいか とっても疲れた。

f0060531_2165845.jpg


f0060531_2171068.jpg

うつくし~~~い
f0060531_2171879.jpg

ペンギンさんだから可愛い この体形 気をつけよっと・・・・(^_^;)

f0060531_2172659.jpg

アハハハ
[PR]
by aturano | 2011-08-01 21:14 | 映画

映画「英国王のスピーチ」

f0060531_19161174.jpg
朝から どしゃ降りの雨・・・
こんな時は、映画へ行こう~♪

「ヒアアフター」 「ソーシャル・ネット」「英国王のスピーチ」と迷ったけれどソーシャルネットは、夕方しかやってないので 結局は、「英国王のスピーチ」にした。

吃音に苦しんだ王と、オーストラリアからやってきた、中流の言語療法士の友情を描いていますが、二人の会話が時々漫才みたいでした。
笑いあり涙ありで 久々に満足感があった。

それにしてもイギリス王室は、昔からいろいろ話題に事欠かないですね。

帰りの車の中でラジオを聞いてると アカデミー賞を4部門?を取ったようだ。

5時ごろには、雨も止んだので 久々に180ミリマクロで撮影した。
f0060531_1916372.jpg
f0060531_19164846.jpg

[PR]
by aturano | 2011-02-28 19:08 | 映画

『ハンニバル・ライジング』

今日は、前から楽しみにしていた映画 『ハンニバル・ライジング』へ行った

ハンニバルは、どうしてそのような人物となったのか

『羊たちの沈黙』で、完成されていたその魔性が目覚めた幼少期~青年期を描いている。

ハンニバル レクター役のギャスパー・ウリエルは、怖くて途中で気持ちが悪くなるほど 見事な演技だった
救われるのは 日本人女性役の中国のトップ女優コン・リーの妖艶な魅力だった

この映画は、一人で見るものじゃないと 後悔した^^;;

f0060531_20191627.jpg

コスミレとヒメレンゲ
[PR]
by aturano | 2007-04-26 20:20 | 映画

「不都合な真実」

時間が空いたので 見たかった映画 「不都合な真実」へ・・・
地球温暖化は、認識は していたが、こうやってグラフで見せてもらうと ますます実感した
思っていたより 温暖化は,加速しているのだ・・・
日本の美しい四季は、おろか このままでは,確実に地球は,滅びてしまう

この映画で 感じたのは、失望する事じゃなくて 「人類の英知」だと思う
事実 今までの たいへんな災害も人類は,乗り越えてきた

どうせ 駄目だから・・・とか もう遅い・・・
ではなく 
一人一人の意識が、大事でしょうね

私の出来る事?
レジ袋は,もらわず いつも買い物袋を持ち歩いてる
家の中でも厚着して暖房を使わないようにする

アメリカの元副大統領だったゴアさんのこと もっと知りたくなった


メジロ君の愛らしい姿・・・永遠に残していきたいですね

f0060531_18534253.jpg

f0060531_18541676.jpg


隠れても見えてるよ(^-^)
f0060531_18545021.jpg







 
[PR]
by aturano | 2007-02-16 18:55 | 映画

ダヴィンチコ-ド

伊吹山へ行く予定をしていたが、出かける時になって急に おなかが痛くなってしまった
泣く泣くあきらめた('~`;)

しばらくしたら収まってきたので お昼からダビンチコ-ドを一人で行くことにした
前評判があまりよくなかったけど 謎解きのテンポが速くて面白かったですよ 

イエスの妻が、マクダナのマリアだったと言う
そして子供までいたという
あの名画のモナリザの微笑は、ダビンチが、マリアをモデルにして描かれたと言う
私には、驚くことばかり@@

そこが、映画の面白さでしょうね(^-^)

聖書の中でマクダナのマリアは、娼婦でした
それを咎めて皆が石を投げた
「もしどんなに小さな罪も犯したことのない者がいるならば、その者が石打の刑を行いなさい」とイエスが言ったところ、誰もマリアに投石できなくなった

そのマリアと夫婦だったと言うのですよ(笑)
そりゃ カソリックからは、文句も出るでしょうね(笑)

でも 考えようによっては、差別をされないイエス様だからこそ出来る行為だったんでしょうね

本を読んで 下地がないと この映画は、難解かも知れませんね
それとも映画を見てから読むのも いいかもしれませんね

f0060531_20493283.jpg

[PR]
by aturano | 2006-05-22 20:49 | 映画